ダイヤフォルテP

ダイヤメラー施工後写真

柔らかく美しいプール防水シート

美しく、ソフト感覚で、色鮮やかにプールを蘇らせる塩ビシート防水材です。

学校やホテル、レジャー施設のプールでは、防水性はもちろん安全性と同時にカラフルな色彩感覚が求められています。

ダイヤフォルテPは、目に鮮やかなカラーリングと、柔らかい素材という特性から、素肌に触れた感触はソフトです。

安全で、美しい、皆様に選ばれるプール用防水シートの決定版です。

特徴

ダイヤフォルテPが選ばれる理由

ダイヤフォルテのプール防水システムは、ダイヤフォルテの技術を最大限に活かした、高品質防水層「ダイヤフォルテP」防水システムを、プールサイドには防滑性床ビニルシート「タキストロン」を用いて施工します。

プールで必要な防水性能を最大限に発揮し、プールサイドでは防滑性を担保が可能で、更にコースラインなどの付属品も充実しています。

下地の補正が簡単なため、工期が短縮され改修需要に最適なシステムです。

様々な下地に対応

コンクリートはもちろん、ステンレス、鉄、アルミなどさまざまな下地のプールにも対応可能です。場所を選ばないのが特徴です。

 

防滑性シートで安心な歩行

防滑性ビニル床シート「タキストロン」を用いることにより、プールサイドでの歩行を、安全かつ快適に変えます。カラーも豊富で意匠性があります。

塗膜が剥がれない

塗装材のように経年劣化で剥がれたりすることがないため、安全を担保できます。また、素肌に触れた際もソフトな感覚です。

商品ラインナップ

建物の高さや施工場所の気候、求める機能など、防水シート選定ではさまざまな条件を考慮する必要があります。
ダイヤフォルテではこれらの諸条件に対応するべく、さまざまなタイプの防水シートをご用意いたしております。

製品仕様

 

厚さ 1.5mm
寸法 幅:1,200mm×長さ:13m(巻)
シボ 梨地
重量 37kg/本体(39kg/本梱包・紙管含)

ブルー

種類

一般複合塩ビシートJIS A6008

※事前に在庫数量をご確認ください。

水浸出試験報告書

1 資料: 合成高分子ルーフィングシート 一般複合塩ビ ダイヤフォルテP

2 件名: JIS S 3200-7(水道用器具-浸出性能試験方法付属書(規定)による)

3 試験方法: JIS S 3200-7(浸漬;1.93mℓ/cm2×24hr)

試験項目

試験結果

水道法による水質基準

カドミウム

0.001mg/ℓ以下

0.01mg/ℓ以下

水銀

0.00005mg/ℓ以下

0.0005mg/ℓ以下

0.001mg/ℓ以下

0.05mg/ℓ以下

砒素

0.001mg/ℓ以下

0.01mg/ℓ以下

六価クロム

0.005mg/ℓ以下

0.05mg/ℓ以下

シアン

0.001mg/ℓ以下

0.01mg/ℓ以下

亜鉛

0.1mg/ℓ以下

1.0mg/ℓ以下

0.03mg/ℓ以下

0.3mg/ℓ以下

0.1mg/ℓ以下

1.0mg/ℓ以下

ナトリウム

20mg/ℓ以下

200mg/ℓ以下

マンガン

0.005mg/ℓ以下

0.05mg/ℓ以下

塩素イオン

1mg/ℓ以下

200mg/ℓ以下

蒸発残留物

50mg/ℓ以下

500mg/ℓ以下

フェノール類

0.0005mg/ℓ以下

0.005mg/ℓ以下

有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)

0.5mg/ℓ以下

10mg/ℓ以下

PH値

6.6(13℃)

5.8以上 8.6以下

異常なし

異常でないこと

臭気

異常なし

異常でないこと

色度

0.5度

5度以下

濁度

0.2度以下

2度以下

工法について

プール工法で施工いただく事が可能です。
施工方法についても詳しくご説明いたします。

ダイヤフォルテPを使って構築した防水層は、プール底面に対して部分的に銅板を用いて、固定する工法になります。

そのため、地震や不動沈下によって下地に亀裂等が生じたとしても、防水層に影響が及びにくい構造となっています。

また、シート相互を溶着し一体化させるため、水密性を確保し、表面を美しく魅せる事が可能です。

施工実績

実際にお客様の元で施工させていただいた事例をご紹介いたします。
美しい景観を保ちつつ、高い水密性を発揮します。